CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
おんなのことば (童話屋の詩文庫)
おんなのことば (童話屋の詩文庫) (JUGEMレビュー »)
茨木 のり子
娘にいつの日かささげたい大切な一冊
RECOMMEND
RECOMMEND
人生は廻る輪のように (角川文庫)
人生は廻る輪のように (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
エリザベス キューブラー・ロス
RECOMMEND
人間の建設 (新潮文庫)
人間の建設 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小林 秀雄,岡 潔
人と人はこんなにも素晴らしい雑談ができるのか・・・!あぁ、たまらん
RECOMMEND
チャイコフスキー&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲
チャイコフスキー&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 (JUGEMレビュー »)
リヒテル(スヴャトスラフ),ラフマニノフ,チャイコフスキー,ヴィスロツキ(スタニスラフ),カラヤン(ヘルベルト・フォン),ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団,ウィーン交響楽団
RECOMMEND
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番 「皇帝」
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番 「皇帝」 (JUGEMレビュー »)
ルービンシュタイン(アルトゥール),ベートーヴェン,バレンボイム(ダニエル),ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
日めくりjカレンダー
moon phase
blog
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ケインの恐るべし生命力!

ケインが救急病院に運ばれた日からそろそろ二カ月近くたつ。

症状は日によって変わり、飛び跳ねるほどの元気がある日もあれば、下肢がもたついて立ちあがれないような日もある。
けれど、かれの生命力は衰えることなくまだまだ生きるという方向へ見据える目ヂカラがキラキラしている。

心臓はかなりやられているが、他の臓器はしっかり機能している様子がうかがえる。

そうは言っても要の臓器。
ポンプがやられているわけだから、血流はもちろん悪くなっていて体中に酸素が行き届いていない。
息はつねに浅く早く身体全体を使って懸命に呼吸をしているためにエネルギーのほとんどが
そこで消費され、他の欲求がとても弱くなっている。
あの食いしん坊が最近は大好きなジャーキーを毎食二枚程度食べるのが精一杯。

それでも、一時期の何もうけつけてくれない状態から比べると目覚ましい回復ぶりで、
シッターのMさんと「すごい生命力!」と驚いている。

現在、彼の治療にはホメオパシーを使っている。
初めは病院でもらった心臓の薬や消炎剤を飲ませていたのだけれど、決まって薬を飲んだ直後に
痙攣しだすようになり、目もうつろで、それこそ魂がどこかにもっていかれてしまったかのような状態に
なってしまった。

お医者さんからは「薬を飲んでももって三か月。飲まなかったらいつ逝ってもおかしくない。」
と言われた言葉が逆に私にホメオパシーの治療転換への決心を促してくれた。
Mさんの「ケイン君が飼い主さんにくれた大切な時間なんだと思います。薬漬けになるよりもケイン君にとっても幸せかもしれません。」と、その決心を後押ししてくれた。

父の時も、3年前に逝ったコースケの時も、祖母の時も、私は同じことを思った。
皆、薬漬けだった。
生きる屍とはこのことか、と、魂の所在すら希薄になりただ死を待つのみという彼等の姿は
私には不自然で仕方なかった。
薬を否定しているのではない。
彼等は薬によって確かに痛みという感覚を取り除かれ楽になったことに間違いない。
ただ、私の目には、死を迎え入れる、という魂の準備期間が薬によってスキップを余儀なくされ
気がついたらあの世にいっていた彼等の寂しさが映った。

老衰

今の時代、本当の意味で老衰できている動物がどれだけいるのだろう・・・

そう思えて仕方がなかった。


父と最後にきちんと会話できたのは、大量に痛み止めの摂取が始まる前の日だった。
その日、父は私に
「俺にもしもの時があったら、お母さんを老人ホームに入れてくれな。・・・あ、でも俺はまだまだ
死なねーぜ。」
と言って笑った。
翌日から父はまるで別人のように変貌し、会話はもちろん、最期の別れのあいさつも何も
交わせないままだった。

私も悔しかったが、それ以上に父の方が悔しかったんじゃなかろーか。
「言い残したことが山ほどあるのによ〜」と嘆いていたんじゃないか、そう感じて、それからの
私は父が言いたかったこと、それを日々の断片の中から紡ぎ出すような毎日だ。


話が逸れたが、ケインが3回大きな痙攣を起こした後、彼の目は死んでしまった。
心ここにあらずで、反応も鈍り、ただ激しく息をすることだけで命をつなぎとめているようだった。
覚悟の上で1日、2日、と投薬を停止した。
とたんに痙攣をしなくなった。

その後気休めでもいいと思って与え始めたレメディだったが、これが驚くほどの効果があった。
動物の方が効きやすいというのは本当だ。
初めに効いたのは「死の淵から呼び戻すレメディ」と言われるCarbo Vege
痙攣性の痛みにもっとも効くといわれている。
飲み始めて食欲が戻り、ドライフードもガツガツを食べてくれるようになり、目に光が戻ってきた。

その後いくつかのレメディを試した後、症状がいったん落ち着いたので摂取をやめ様子をみることに。

その後も振幅の小さい変化は沢山あるが、毎度毎度よっしゃ〜と乗り越えてくれている。

私もMさんも、無理やり延命させる気持ちはない。
大型犬で11歳というのは長生きの方なのだ。

なるべく苦しまず、穏やかに、肉体の終わりを迎えてほしい、それが私達の願い。

そして、3日前、昼まで元気だった彼が突然バタンと音を立てて倒れた。
以前ほどの激しさはないが、ブルブルと痙攣をして失禁をした。
逝く直前は失禁をするというから、もしや!!と心中相当に取り乱しつつMさんに連絡。
倒れたまま、ケインは全く動かない。かろうじて小さな息だけしていたが、読んでも反応もなし。
「今から行きます!」と彼女はすぐにかけつけてくれた。(後日このシッターさんについて書こうとおもっているのだけれど、彼女は本当にスーパーなシッターさんなのだ!)

その時にとっさに飲ませたのがCalendula、時間差でAconite

飲ませて5分するかしないか、ケインがむくっと顔だけあげてくれた。
痙攣も治まっていた。
「ケイン!!聞こえる?頑張れ!」
確かに声が届いていた。

そして、彼女の車の音が聞こえたその瞬間、突然自力で立った。
まさにMさんパワー!

その後、Mさんは後ろ足に力が入らない重いケインを介護技でひょいと抱えて
部屋に戻した。
そして彼女と私はそれから1時間余りずっとケインの身体をさすり続けた。
その結果、なんとドライフードを食べ始めたのだ!

再び死の淵からケインは戻った!!
目の輝きが戻ったのだ!

恐るべし生命力!


今日も彼はまだ生きている!


彼が逝く日を決めるだろう。


腐る日ではなく、涸れる日を・・・・









| Lovely dog & cat | 00:27 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
ケイン その後の状況
ケインの介護が始まって二週間が過ぎた。

小康状態が続いている。

この熱さで食欲が減り、ドッグフードは一粒だって食べてくれない。
シッターのMさんのアドバイスで、これからはこだわらず食べたいものを食べさせていいとのことだったので、菓子パンやお肉、チーズ等をあげたら見事に平らげてくれた。
犬はもともと甘党らしい。
アイスクリームも大好物とのことだけれど、まだ試してない。

24時間冷房完備、とお医者さんから言われたので、ベランダに作った犬舎を締め切ってリビングの
冷気を送風している。

これまでは反外だったので、好きな時におしっこ・ウンチができたのだけれど、今は一日3〜4回
簡単な散歩に連れてゆき排泄をさせている。
これが意外に大変。
私がケインの散歩に行くそぶりを見せるとあかねが大泣きするようになってしまい、
結局あかねをおぶって巨犬の散歩をする羽目になってしまった(笑)
しかも、あかね、この散歩がえらく気に入ってしまったようで、事あるごとに犬舎に行くそぶりを
みせるようになった。

Mさんの話だと、ここまで心臓が弱ってしまった犬はたいてい排泄もうまくいかなくなるものだけれど、
ケインの場合は、昔から排泄に強いこだわりがあって(笑)ぎりぎりまで散歩まで我慢するタイプだからおそらくこのままそのこだわりを持ち続けてくれるかも・・・とのこと。

能天気のように見えて、かなり繊細な心の持ち主ですから・・・とMさん。

「誰かに似てますね・・・」と言って2人で笑った。

そう、ケイン君、うちの父にそっくりなのだ。

ケインの介護と、父の介護の時の状況がかなり酷似していて、失笑してしまった。

父の事が大好きだったケイン。

父が逝った朝方、ケインが遠吠えをした、らしい。
私には聞こえなかったのだけれど、ご近所の方々が口をそろえて、「いつも吠えないケイン君が聞き慣れない遠吠えをしたから、何かあったのかと思いました・・・」と後から教えてくれた。

葬儀の日は、Mさんが散歩に連れて行ったら、葬儀場の前で自分からお座りをして、しばらくぼーっと
していたらしい。

それを聞いた時、「今日も散歩いかなきゃだな・・」とぶつくさ言いながら散歩に出かけていた父が
実はしっかりとケインに愛情を注いでいた事を知った。

私ってつくづく言葉しか信用していない人間だと、反省もした。

この一年は、ケインにとっても辛い日々だったに違いない。

「頑張ってましたよ。ケイン君。お父さんの所に行きたいのかもしれませんね。」
とMさん。

獣医さんの話だと、もって3カ月。この熱さだと早まる可能性の方が高いとのこと。

「ケイン君がご家族にくれた時間なんじゃないでしょうか・・・」

そんなMさんの言葉通り、今、私はケインにつきっきりになっている。

この1年は全てあかねに注ぎ込まれていたから、ケインに十分な愛情を注げていなかった。

ゴメン!

そしてありがとう!
| Lovely dog & cat | 03:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久々の登場!
wan526.jpg

久々登場!
バンチキ〜〜ン!

雑誌デビューしたらしい(笑)
相変わらず凛々しい。
いい顔してんなぁ。
数年前、君と私、散歩いくいかないで、二人でよく睨めあいっこしてたよねぇ。
なつかしいよ。

バンチキンのご主人Y姉は秋からマレーシア転勤。
さすが仕事が出来る女は違う!

イスラム教は犬が不浄で愛犬バンチキンは泣く泣く実家へ
預けられることになるのだとか・・・

イスラム教って犬が不浄なのぉ??
知らんかった・・・・。

離れ離れかぁ・・・・
つらいなぁ・・・・

頑張れよ!!
バンチキンっ!!

一緒にご主人さまを応援しよ〜ぜ〜!

| Lovely dog & cat | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あかねとミロ
110307_124732.jpg
うちの粗暴者 黒猫ミロ

うちの新参者 アカネ


気になる関係は、、、、


こんな感じ(笑)


ミロは今のとこ悪させずただただアカネを傍観低姿勢をキープ
どーもかなり気になる存在のよう

一方アカネはまだよくミロの存在を認識してないらしい。
黒い毛がふわりと肌を横切った瞬間ギャン泣き(笑)

結構オモロイいい関係
| Lovely dog & cat | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ミロ祝離乳!
090515_1928~0001.jpg
今日初めて固形食を食べた。

数日離乳食を試してみたが全く興味示さずミルクばかり求めてきた。
私は奴に負けてついついミルクをあげてしまう。

母猫は一旦離乳させたら二度とミルクをあげないらしい。
欲しがっても蹴飛ばすらしい。

「こりゃ下手な情は不要だ。」と一念発起(笑)でミルクをやめた。
ニャーニャー鳴く声に後ろ髪ひかれる思い。
けれど、我慢我慢。

そのまま丸一日様子を見ていたら徐々に本能が芽生えてきたらしく固形食の前で不思議な行動を取るようになりついに!今朝カリカリと食べ始めた。

・・・・・泣ける

お前はなんていい子なんだあ〜っ

また一つ大人の階段を登ったミロ。

次はウン○だ!

出せ!出すんだ!ミロ!
| Lovely dog & cat | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ミロ33日目
090510_2028~0001.jpg
背景と同化する真っ黒なコイツを見つけるのは大変だ。
しかも近頃《隠れる》という事を覚えてしまったからナオサラ。

ゲージの外で走り回るようになり隙間を見つけては勇んで冒険しにいく。
さすが男だ!

危険な物は片っ端から排除。
隙間に潜む埃を叩き出す。
日に日に部屋がスッキリしていく。

母の転倒打撲の予防で貼り付けたコーナーガードが意外にミロに役立ってる。

じゃれつくミロに父も母もまさに猫かわいがり状態。

この二人がこんなに可愛がるとは想像してなかったぞ。

我が家はここんとこミロのお陰でまずまず平和・・・
| Lovely dog & cat | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ミロ27日目
090506_1359~0001.jpg
イッチョマエに毛づくろいもするようになった。

昨日寝床を二周りほどデッカくしたら興奮して飛び回り今日はその反動で一日中寝てる。
離乳食を試したがかるーく拒絶。
まだまだ数時間おきのミルクが続く。

うん○を丸3日出してない。

こうなったらいよいよ奥の手を出すか・・・


| Lovely dog & cat | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ミロ18日目
090429_1515~0002.jpg
産まれてやっとこ18日目。
とりあえず峠は超えた様子。

目の色も随分落ち着いてきたし、耳もたってきた。
でもまだちゃんと見えても聞こえてもいないから外界を嗅覚のみで認識している。
それでも日に日に、というより瞬間瞬間、彼の動きは猫らしくなっている。
じゃれたり、毛繕いの仕草をふと見せたりする。(って言ってもまだ顔が背中に届かないから真似事で終わるのだけど)

この成長っぷりに自分では感じることが希薄になってしまった時間の経過をひしと感じる。

彼の一時間は恐らく私達の一日。
それ以上かもしれない。

先日父が犬餌を買いにいったらそこのご主人から
「黒猫は幸せを運ぶんですよ。」
と言われたとハニカミ顔で帰ってきた。

なんやかんやで父は結構ミロにお熱。

黒猫が幸せを運ぶかどーかはさて置いて


ミロにメロメロの私。



| Lovely dog & cat | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ミロの目
090423_0814~0001.jpg
ミロの瞼が開いた。

ちとメヤニがついとーけど結構オトコマエでしょ。

ってすっかり親バカ


| Lovely dog & cat | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
毛虫じゃないぜ
090418_1343~0001.jpg
毛虫っぽいが彼はれっきとしたうちの新たな大将。
我が家に来て一週間。
今んとこスクスクと育ち100グラムから180グラムになり手の甲サイズから手の平サイズとなった。

食欲はハンパない。
ミルクをねだる奴の音量は成猫を遥か越える。

おかげでこっちは眠れない。

とか言って、ほ乳瓶に吸い付く姿やウン○とシッ○をたんまり出す姿を確認するにつけこっちは安堵の溜め息を漏らしている。

かーちゃんは心配なのだよ。
お前さんを死なすわけにはいかんと。

だって君は神様からの贈り物だからね。

目はまだ開かず。
どんな目をしてどんな顔をしているのか謎のまま。

箱の中であっちゃこっちゃモゾモゾ動きまわりこけまくりひっくり返りと忙しい奴だ。


早く君の瞳を見せておくれ。




| Lovely dog & cat | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>