CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
おんなのことば (童話屋の詩文庫)
おんなのことば (童話屋の詩文庫) (JUGEMレビュー »)
茨木 のり子
娘にいつの日かささげたい大切な一冊
RECOMMEND
RECOMMEND
人生は廻る輪のように (角川文庫)
人生は廻る輪のように (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
エリザベス キューブラー・ロス
RECOMMEND
人間の建設 (新潮文庫)
人間の建設 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小林 秀雄,岡 潔
人と人はこんなにも素晴らしい雑談ができるのか・・・!あぁ、たまらん
RECOMMEND
チャイコフスキー&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲
チャイコフスキー&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 (JUGEMレビュー »)
リヒテル(スヴャトスラフ),ラフマニノフ,チャイコフスキー,ヴィスロツキ(スタニスラフ),カラヤン(ヘルベルト・フォン),ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団,ウィーン交響楽団
RECOMMEND
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番 「皇帝」
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番 「皇帝」 (JUGEMレビュー »)
ルービンシュタイン(アルトゥール),ベートーヴェン,バレンボイム(ダニエル),ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
日めくりjカレンダー
moon phase
blog
MOBILE
qrcode
<< 2014年スタート! | main | ヤマトナデシコ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
母の現状
父の他界前の母の状態と比べると、彼女はずいぶんと変化しました。
毎日生活を共にしているとそんな彼女の頑張りを見落としきちんと評価することなく
育児の方に重きを置いている自分がいることに気が付きます。
もっと彼女を激励すべきです!

毎朝身支度をきちんと整えてからリビングに来て「おはよう!」とあいさつをします。
ご飯を食べ終わったら「ごちそうさま」といい、「おいしかったわ。」という言葉まで添えてくれます。

自分の力で動こうという気持ちが欠如し
二言目には父か私の名を呼んで助けを求めていた母が、できることは自分でしようという姿勢に変わったことは
よくよく考えると奇跡的な変化なのではないでしょうか・・・・

記憶の方は、おそらくほとんど蓄積する能力を失っているのでしょう。
昼には食べた朝ごはんのことも忘れていますし、日にちの感覚も時間の感覚も大幅にずれています。
今日、「あゆちゃん、今日は2月の何日かしら?」と聞かれましから・・・(笑)

でも、だからこその恩恵なのか、
彼女は記憶にある昔の出来事、とくに嬉しかったり楽しかった出来事、をほんの2,3日前の出来事のように
話します。
その時、彼女の表情はとてもイキイキしていて、認知症の人間だとはおおよそ判断が付かないほとの滑舌の良さを
発揮します。

私たち健常者は、ついつい過去のいやな記憶に左右されたりひきずったりしがちですが、母にはそんなあほらしい行為をするつもりもないようでほんとうらやましくも思うのです。
自分がしでかした過去のいやな記憶は毛頭引っ張り出すつもりもない様子です(笑)

以前はそうこの部分!
このいやな記憶を全くおもいださない母のこの部分に何とも解せないいらだたしさが募ったもんです。
あきらめなのか、慣れなのか、いまじゃ彼女のこの部分に癒されちゃったりしている私がいます。
不思議なことに、母が生きている世界の記憶は、結婚前のいけばな講師として頑張っていたころの記憶で、
父と結婚してからの記憶は不思議なくらい忘却されています。
ですから、父とのエピソードは勿論、私という娘を育児した記憶もほとんど持っていないんですね・・・・
父も私もその程度の存在だったんでしょうかね・・(笑)
いやいや!
結婚後の日々は、思い出す必要がないほどに完全燃焼したってことなんだろうと、娘として解釈しています。

一時期大荒れだった私の母に対しての葛藤が薄れ、今の母を新しい母の常態として受容できたことは
何より私自身の心の平安をもたらしてくれました。

生きる、ってことは常に変化すること

この変化を拒むと痛みが生じ苦悩が生まれる

ってことを、私は母から、そして娘から毎日教えてもらっている気がします。

その点で、私は家族の中で一番の落第生であります・・・・

そう、母の変化、娘の変化を受容するということは、
とどのつまり、
今の自分を受容するってことなんですよね・・・・


過去に生きてしまっている自分に

今、とほほの嵐が苦笑いとともにやってきました・・・(笑)






 
| Care&Heal  -介護- | 04:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 04:09 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yogarhythm.jugem.jp/trackback/396
トラックバック